不登校の相談は経験者ならではの視点も必要

###Site Name###

不登校の小中学生向けに相談できる窓口としては、スクールカウンセラーやフリースクール、カウンセラーなどがいますが、児童心理学や臨床心理学を学んだからこそできるアドバイスがある一方で、実際に不登校を経験した人にしかどうしてもわからないことがあります。

自分の子供の進路に影響がないかどうかなど、実際に不登校を克服して社会人になった人ならではの話を聞きたい保護者も多くいることでしょう。そういった人の姿を見ることや、相談してアドバイスをもらうことができれば、励みになりますし、将来を考える上での指針にもなりうるはずです。
子供の方でも、今の自分と同じ経験をしたことがある人の方が相談をするうえでも心を開きやすいという点はあるでしょう。不登校が引きこもりの問題に取り組んでいるNPOやフリースクールでは、かつての経験者が過去の自分と同じような苦しみを味わっている子供の手助けができるように取り組んでいる所も少なくありません。

今話題のAll Aboutの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

経験者ならではの言葉を伝えてくれる役割を持つ著作も出版されていますから、これを読んで理念などに共感できたところに行って見るのもいいでしょう。

鋭い観点から不登校の相談に関する情報をまとめました。

支援サービスを提供している側の方から無料相談を積極的に行っている例もあります。



経験者ならではの視点がどのように活かされているのかや、訪問相談などでどのようなことを行っているか、どのようなイベントを行っているかなど質問したいことは直接スタッフに尋ねることが可能です。